不動産担保ローンは資産管理をするために

不動産担保ローンは無担保に比べて表面金利は低い

すると取り扱いに事務手数料が借入金額の5%かかるので1千万円の借り入れで50万円になるといいます。
抵当権設定に関する登録免許税が借入額の0,4%で4万円・司法書士への報酬が5万円前後、さらに不動産鑑定費用と印紙税を合わせると20万円でただし、事務手数料に一部繰り入れで事務手数料が60万円と言われました。
確かに、不動産に担保するのに費用が掛かることは理解できました。
司法書士などの抵当権設定費用はやむをえないと思いました。
ただし、手数料が高いのには驚きました。
手数料を含めると15%前後になるようになっているようです。
更地であった関係で条件は良くなってこれだけ負担がかかります。

不動産担保ローン金利は、東京星銀行が0.9%からの変動金利で一番低いけれど、実際は何%で借りられるのだろう?
年収や職業が影響するので、一概には言えないが。

ちなみに、滋賀銀行は最低金利の1.95%で審査が通った。

借入の際の手数料や一括返済の手数料も、他とは比べるまでもなく安い。

— りく (@rikumomomo) 2018年7月9日
手続きが簡単なので、早めに資金を返すめどがついており、銀行に融資を頼んでも時間がかかるとのことなので利用しました。
抵当権設定手続きは、金融機関の司法書士がすべて取り計らってくれましたから楽でした。
金融業者の事務所で契約書作成と担保設定の手続きは同時に実施され即日で融資金を手に入れることが出来ました。
こんなに早く簡単に借りられるのかと少し驚きました。
根抵当がすでに設定されていても貸してくれるそうですが、手数料は少し高めになりますと言われました。
表面金利と手数料含みの実質金利に大きな違いがあります。

急な資金繰りのため土地を担保に入れて借入することに不動産担保ローンは無担保に比べて表面金利は低い不動産担保ローンは手数料がかかることを踏まえて検討すべき不動産担保ローンは信頼出来る所に依頼しましょう!